日本の儀式と葬儀についての知識を身につけよう

故人の最後を静かに見守ろう

服装について

冠婚葬祭などのしきたりでは、服装が重要となります。服装について知っておきましょう。そうすることで、いざ親族の葬儀の時や家族の葬儀の時には、慌てるということがありません。葬儀の時に慌てないためにも、把握しておきましょう。

詳しく読む

流れについて

葬儀の流れについて紹介していきます。人の死というのは突然起こってくるものになります。そのため、いざという時に知るよりも予め知っておき、恥ずかしくないようにしましょう。

詳しく読む

日本の儀式について

冠婚葬祭と言うのは、古くから大切にされてきている日本独自のしきたりです。
その内容は、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼といったものです。
冠婚葬祭の婚と葬は結婚と葬儀であるという把握は何となくできます。
しかし、冠と祭については知らないという人も少なく無いでしょう。
冠婚葬祭の冠は成人という意味で用いられ、これに加えて合格祝いや進学祝い、就職祝いなどが含まれます。
そして、冠婚葬祭の祭というのは法事のことを差しています。
例えば、お盆や正月、七夕、年末年始の歳暮などが挙げられます。1年間の季節的行事がそれにあたります。その他、先祖を敬うという儀式も含まれています。
冠婚葬祭を行なう際には色々なマナーがあり、それは各地域で異なることもあれば、共通しているところもあります。
冠婚葬祭についてのマナーなどは、知っておかなければ大人として恥ずかしい思いをすることも少なくありません。
そのため、しっかりと大人として把握しておく必要があります。

葬儀というのは、誰かが亡くなった時に行なうものになります。
そのため、貴重な行事であり、故人を思い出すための最後の行事です。
なので、家族がしっかりとサポートを行っていく必要があります。
最近では、高齢者が多くなってきていますのでその分葬儀の数が多くなってきています。
葬儀関連の会社も増加してきていますので、会社によってサポート体勢や料金なども異なってきています。
自分達や故人にとって利用しやすいサポートのある会社を選択しましょう。

マナーについて

葬儀の時に必要な知識となるマナーについて紹介していきます。ある程度知っておかないと恥ずかしいというマナーについて、紹介していきます。いざという時の為にも、把握しておきましょう。

詳しく読む

常識

葬儀の時には知らなかった常識などが色々とあります。ここでは参列の祭に知っておくべきことや、葬儀の時に述べるお悔やみの言葉などを紹介していきます。しっかりと把握しておきましょう。

詳しく読む