日本の儀式と葬儀についての知識を身につけよう

故人の最後を静かに見守ろう

服装について

服装の変化

葬儀というと、黒い喪服やスーツを着けるというイメージを強く持ちます。
遺族や親族が葬儀に参列する時には、喪服や正式礼装を身に付けるというのが基本になっていました。
しかし、最近ではブラックスーツなどで参列するということも少なくありません。
さらに、女性の場合では通夜に洋装の正式礼装を着けて、葬儀や告別式では和装を着けるというのが一般的になっていました。
ですが、最近ではどちらも洋装になっていることも多くなっていますので、あまり和装と洋装、正式礼装の差がなくなってきています。
細かい決まりはありますが、ある程度の基本を守っていれば辱めを受けることは少ないでしょう。
例えば、男性の場合ではシングルかダブルのブラックスーツが基本になります。
しかし、シャツは無地の白でネクタイと靴下は黒の無地を着用し、アクセサリーなどは身に付けない、靴は光沢のないものを着用するなどがあります。
なるべく白や黒で統一するということが必要になります。派手にならないように服装にはしっかりと気を付けましょう。

小物

葬儀の時には色々と小物にまで気を配らなければなりません。
例えば、ハンカチの色です。服装の時に白や黒で統一したように、ハンカチも白や黒の無地を使用しなくてはなりません。
色物のハンカチなどは使用すると、目立つということもありますので、注意しておくことが大切です。
ハンカチに加えて、傘の色も紺や黒、グレーなど比較的に暗い色の傘を持つようにしましょう。
また、いつも付けている香水なども葬儀や告別式の時には、付けないことがマナーです。
お香やお焼香が焚かれている場には、相応しくありません。
故人を気持ちよく旅立たせてあげるためにも、しっかりとした服装で葬儀に参列しましょう。